ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

ブックオフ人事部が語る「キャリア採用2021・3つのキーワード」②DX・デジタル人財

DX

採用サイトやSNS・社員など自社の運営するメディア(=オウンドメディア)を積極的にリクルーティングに活用する企業のインタビューを掲載する、「Owned Media Recruiting®」。

そこに掲載されたブックオフコーポレーショングループ人財開発部長の野村さん、グループ人財開発部 採用担当マネージャー浅枝さんのインタビューから読み解くブックオフのキャリア採用。2つ目のキーワードは「DX・デジタル人財」です。

デジタル分野に詳しい方募集中


「本部職」と「店舗職」の2つに分けられるブックオフのキャリア採用。募集職種の経験がありかつ小売に携わったことがある方を求める「本部職」で、「一番力を入れているのはデジタル分野です」と野村さん。

当社のECサイト『ブックオフオンライン』は売り上げがかなり伸びています。ECサイト周辺の人材が必要ですし、販促に関しても従来はテレビCMや新聞広告がメインだったところ、動画配信も積極的に行うようになりました。

加えて自社アプリもあるので、ユーザーを100万単位で増やし、もっと積極的に利用してもらう方法を考えてもらえればと思っています。

さまざまなサービスがデジタル化された今だからこそ、その先を一緒に考えてくれる人財を求めているのがわかります。

やっぱり大事なのは人間性


キャリア採用においてブックオフがもっとも大事にするのは「人間性」。野村さんは、「ポイントはやはり『人間性』の部分で、面白いと思う感覚や価値観がお客様と近しいことが重要ですね。

そのうえでデジタル分野において知見や経験がある、くらいのバランスかと思っています。」と語ります。

デジタル分野の仕事でもまずは、相手のことを考え気持ちを想像し、それに最大限応えていこうとするマインドやコミュニケーション力などの人間力が必要のようです。

ブックオフのDX(デジタルトランスフォーメーション)


デジタル技術の浸透によって人々の生活をよりよいものへと変革し、従来の価値観やシステムを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすのが、DX(デジタルトランスフォーメーション)です。

たとえばブックオフが掲げる「ひとつのBOOKOFF」構想。公式アプリによる会員サービスを軸に店舗とオンライン、買取と販売などブックオフのあらゆるサービスをつなげており、お客様の利便性向上に貢献しています。

中期事業計画として取り組んできた「ひとつのBOOKOFF」構想は、「創る」「繋げる」を経て「拡げる」段階に。消費者目線に立ってシステムを考えることが、求められるようになりました。

「Owned Media Recruiting®」のインタビューで浅枝さんは「ひとつのBOOKOFF」構想に触れながら、「今後はブックオフ単体だけでなく、リユース業界としてどんどん新しいことにチャレンジしていきたい」「もっと身近にリユースを感じてもらえるよう、お客様にとってよりよいサービスを届けていきたい」と語っています。

ブックオフのDXからリユース業界が変わっていくかもしれませんね。

2つ目のキーワード「DX・デジタル人財」をお届けしました。次回最終回は、「アルバイト登用」にフォーカスします。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • ブックオフ人事部が語る「キャリア採用2021・3つのキーワード」②DX・デジタル人財