ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

リユース業界トピックス

コロナの影響は?リユース業界の最新ニュース&トレンド2020-2021

新型コロナウィルス感染拡大に揺れた2020年。外出自粛、3密を避けるなど生活スタイルが変化し、リユース業界も大きな影響を受けました。

今回は、2020年の業界トピックスを振り返り、今年2021年に注目すべき動向やビジネスについてお伝えします。

巣ごもり需要でどうなった?2020年リユース業界

外出を避け家で楽しく快適に過ごしたいというニーズから生まれた「巣ごもり需要」。書籍やDVDなどのメディア商品の他、新しい趣味にチャレンジする人が増え、生活家電やAV家電、アウトドアグッズや楽器の売上高が増加しました。

またリモートワークの推奨により、PC・タブレットといった電子機器、デスクや椅子などの家具も好調でした。

外出減少とリユースの関係

半面外出機会が減ったことから、アパレルやブランド品が販売不振に。宣言解除後ブランド品の売上は戻りつつありますが、アパレルは厳しい状況が続いています。

外出自粛期間中、自宅を快適な空間にするために模様替えや断捨離をした人も。発生した不用品の処分先にリユースを選択された人が多く、買取需要が増加したことも見逃せません。

デジタル化やキャッシュレス化の波

デジタル化も進みました。緊急事態宣言の休業要請に従い、店舗クローズを余儀なくされた総合リユース業大手の大半がECサイトを使ったネット販売に注力。オンラインを使った査定や宅配を利用した買取などが行われるようになりました。

店舗ではキャッシュレス化が一般的になり、3密を避け非接触・非対面を選択するお客様のニーズに沿ったサービスの導入が一気に進みました。

Withコロナが続きそうな2021年の動向は?

Withコロナ時代のリユース業界はどうなるのでしょうか?在宅を強いられる中、密を避けながら外出ができるレジャーとして、アウトドアが人々の関心を集めています。

ビギナーのお客様が道具をそろえる際リユースショップを利用されることもあり、アウトドアに特化した店舗展開を仕掛ける会社も。今年も目が離せません。

加速するオンライン、キャッシュレス

昨年は、オンラインを使った販売・買取、キャッシュレス化などデジタル化が一気に進みました。デジタル化の流れは、止まることはないでしょう。またここにきて、ネットを中心に展開していたリユース企業がリアル店舗の運営を始めています。

今後は、リアル店舗とECサイトを中心としたネットを融合したシステムの構築、運用の展開が考えられます。

リユース品需要の高まりとアジアでの展開

SDGsの浸透もあり、世界的にみてもリユース品の需要は増加傾向。日本のリユース企業も、海外特にアジア圏への進出を強化しています。

取り扱う商材は、アパレル、家具・家電、玩具など多様化。東南アジアでの店舗展開には日本で買い取った品物の出口としての側面もあることから、ターゲットとしてローカルの人々を狙うのか、在住日本人を含めるのか。現地での新型コロナ感染拡大の状況と合わせ、ポイントになりそうです。

Withコロナの時代、お客さまのニーズや国内・海外情勢に合わせたビジネスを展開していくことが求められます。2025年には国内市場規模3.2兆円が予測され、引き続き市場拡大傾向が続くリユース業界。今後も注目です。

関連コンテンツ