ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

ネットとリアルの融合でサービスを拡大! あらためて考える「ブックオフの強み」とは? ③人財育成

人財育成

 

リサイクルショップ業界No.1の認知度と利用者数を誇るブックオフ。全国に770店舗以上を展開し、年間のべ利用者数は約9,000万人にも及びます。

本シリーズではブックオフの「強み」がどこにあるのかを紹介してきました。第3回目の今回取り上げるテーマは「人財育成」です。

将来性の高いリユース業界で働きたい方、成長意欲があり仕事の「やりがい」を重視したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ブックオフの人財育成システム

「リユースのリーディングカンパニーになる」ことをビジョンとして掲げるブックオフ。成長の源は「人財」です。

従業員が最大の財産であり、グループ競争力の源泉と考えるブックオフグループでは、パート・アルバイトスタッフと社員を「人材」ではなく「人財」と呼んでいます。

知力と人間力を備えた人財の成長が、会社の5年後、10年後の成長に直結するという考えのもと、さまざまな「人財育成システム」を用意しています。

新入社員一人ひとりには、適正を考慮して選ばれた育成担当者がつき、不明点・疑問・悩みごとの質問・相談が可能です。マニュアル・ツールも充実しているため、はじめての業務でも安心してチャレンジができるでしょう。

ブックオフの現場では「キャリアパスプラン制度」を導入。「トレーニー」から「マネージャー」まで、グレードごとに具体的な役割や達成すべき目標が明確なため、つねに高いモチベーションを保ちながら成長できます。

役割・目的ごとの研修制度も充実しています。例えば、半年かけて行うジョブローテーション研修では、リユース商材の知識や基本オペレーション技術を身につけることが可能です。

入社後は同期やほかの社員との交流を深めるための研修もあり、仲間同士で互いに切磋琢磨しあえる環境が整っています。

評価制度も整えられており、直属の上司との面談を通して、売上・利益といった数字だけでなく目には見えにくい部分もしっかりと評価。年2回の賞与に加え、給与も段階的にアップしていきます。

ブックオフは「自信」と「情熱」を持って安心して成長していける会社です。従業員の「成長したい」という意欲を無駄にはしません

ブックオフの求める人財とは

3回にわたりブックオフの強みである「商品・サービス」「成長戦略」「人財育成システム」の解説をしてきました。

ブックオフが求めているのは、以下のような人物です。

・変化・失敗を恐れることなく前進するチャレンジ精神の持ち主
・リーダーシップを発揮して仲間の能力を最大限に引き出そうとするマインドの持ち主
・経営者と同じ目線に立ち自ら課題を設定してやり抜く力の持ち主

店舗経営には「人間力」が欠かせません。試行錯誤を通して、常に成長を実感できる仕事といえるでしょう。

長年培ってきたブックオフブランドの強みを活かしながら、会社と一緒に成長したいという意欲のある方は、ぜひ採用サイトをチェックしてみてください。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • ネットとリアルの融合でサービスを拡大! あらためて考える「ブックオフの強み」とは? ③人財育成