ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

リユース業界トピックス

「モノ」を「キモチ」に変える。 ブックオフのクラウドファンディング「キモチと。」の 応援プログラム ⑯トンガの被災地支援

トンガ沖

ブックオフはリユース事業を通じて多くの人に楽しく豊かな生活を提供しています。推進中のクラウドファンディング「キモチと。」では現在、大規模な噴火によって被災したトンガの支援プログラムの寄付を募集中です。

今回はクラウドファンディング「キモチと。」の概要と、トンガの被災地支援を実施した経緯や、プログラムの内容を紹介していきます。

持続可能な社会の実現や、社会貢献に興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

クラウドファンディング「キモチと。」

ブックオフが推進する応援プログラム「キモチと。」は、社会貢献したい人と応援・支援を募集しているプログラムを結びつけるクラウドファンディングです。

「キモチと。」のプラットフォームには、数多くのプログラムが掲載されており支援・応援を受付中。子どもたちの教育や生活に関するもの、環境保護、歴史的建造物の復興、スポーツや文化に関するものなど内容は多岐にわたります。

通常のクラウドファンディングと「キモチと。」の違いは、地球環境にやさしい「リユース」を通して発生したお金が、プログラムの支援・応援に充てられる点です。

支援者はプラットフォームから応援したいプログラムを選び、身の回りにある不用品をダンボールに梱包します。あとは希望の日時に運送業者が不用品を集荷に来てくれるので手間もかかりません。ブックオフで査定した買取金額が、プログラムに全額寄付される仕組みです。

プログラムを立ち上げる起案者には、掲載費用をはじめとする手数料の負担や物品対応は一切不要。登録をしたらあとは振込を待つだけなので、企画したプログラムに集中して取り組むことができます。

トンガの被災地支援

このクラウドファンディング「キモチと。」で現在、緊急支援を募集しているプログラムが「トンガの被災地支援」です。

2022年1月15日13時10分頃、南太平洋に位置する島国トンガの首都ヌクアフロファから北約65キロメートルにある海底火山で大規模な噴火が発生しました。噴火にともなう地震・津波の影響により、トンガ国内で建物の浸水被害や、国際電話・インターネットの通信障害などが生じています。

災害被災地の人道支援を行う特定非営利活動法人ピースウィング・ジャパンが、現地提携団体などから情報を収集したところ、厚く積もった火山灰の除去作業と安全な水の確保が急務であることが判明しました。家庭用の水タンクが火山灰に汚染された可能性が高いということです。

そこでブックオフとピースウィング・ジャパンは「キモチと。」を活用して、被災地域での食料・水・医薬品・避難所などの緊急支援を実施。被災した人々を支援するプログラムをスタートしました。

緊急支援が終わった後も、継続して地域主導の長期的な復旧・復興活動を支援していきます。

ブックオフの姿勢とスタンス

ブックオフはリユースを通して「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」を形成し、持続可能な社会を目指しています。

事業内容は「物を循環させることで環境負荷を軽減すること」だけにとどまりません。例えば「キモチと。」のように、人から人へと思いやりの心を循環させる仕組みをつくることで、多くの人に楽しく豊かな生活を提供していきます。

個人的な成長と仲間との協力により新たなビジネスモデルを創出することで、リユースの可能性を広げ、社会貢献を行うブックオフ。その姿勢に共感する方、ブックオフの仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ採用サイト(以下の募集要項)もご覧ください。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 「モノ」を「キモチ」に変える。 ブックオフのクラウドファンディング「キモチと。」の 応援プログラム ⑯トンガの被災地支援