ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

リユース業界トピックス

相模原市と連携!ブックオフが「空き家の無料相談会」を開催した理由

空き家

2022年1月22日(土)・23日(日)の2日間、神奈川県相模原市のBOOKOFF PLUS古淵駅前店で第1回「住まなくなった「おうち」の無料相談会」が開かれました。

本記事では、この相談会開催の基となるブックオフと相模原市の間で交わされた包括連携協定や無料相談会の概要、ブックオフが空き家問題に取り組む背景についてレポートします。

相模原市との包括連携協定について

ブックオフは社業であるリユース業を通して社会・環境問題の解決に取り組むと同時に、さまざまな事業を通じて地域社会との関係を深めてきました。創業30周年を機にブックオフは2021年4月、創業地であり本社所在地である相模原市と包括連携協定を締結しました。

連携のテーマは次の7つです。

(1) リユースの推進に関すること。
(2) 空き家対策に関すること。
(3) 教育支援に関すること。
(4) 地域産業の振興に関すること。
(5) 環境保全に関すること。
(6) 市政情報の発信協力に関すること。
(7) その他市民サービスの向上及び地域社会の活性化に関すること。

「活力ある個性豊かな地域社会の形成と市民サービスの向上」を目指して締結された包括連携協定の取り組みの1つとして、「住まなくなった「おうち」の無料相談会」が開催されました。

「住まなくなった「おうち」の無料相談会」とは

「住まなくなった「おうち」の無料相談会」では、不動産や宅内の片付け、仏壇供養や登記・税金などの空き家問題について、ブックオフが提携する空き家コンサルティング株式会社(以下空き家コンサルティング)の相談員がお話を伺います。

空き家コンサルティングは全国的にも問題となっている空き家について、全ての相談を1つの窓口でできるワンストップサービスを提供しており、ブックオフとは2020年10月より愛知県南知多町で行われている「南知多町における空き家のお宝発掘社会実験に関する協定」でも、タッグを組んでいます。

「住まなくなった「おうち」の無料相談会」は、今後相模原市内のブックオフで月1回開催予定です。気軽に相談できる無料相談会の実施から、空き家問題に対するニーズを探っていきます。

ブックオフが空き家問題に取り組む背景とは

空き家は高齢者社会などを背景に、現在全国で840万戸あるといわれ、全国的に増え続けています。空き家の放置は近隣への迷惑になったり防犯上の問題となるなど社会問題になっています。一方で、「空き家をどうしたらいいかわからない」「家の中になる残置物の片づけが大変」という所有者の声が多く聞かれます。

ブックオフは空き家コンサルティングとの連携により、空き家の不動産としての活用方法を考えます。

また、空き家の再利用や更地化が進まない原因の1つとして挙げられる宅内の不要品の処分については、ブックオフのおかたづけサービスや不要品買取ノウハウを活かすことができます。

ブックオフの空き家問題への関与は、「従業員の物心両面の幸福の追求」「事業活動を通じての社会への貢献」という経営理念や、「リユースを通じて持続可能な社会を実現する」というSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みに合致し、地域社会への貢献につながる取り組みです。

リユース業を通じて地域社会の課題解決に取り組むブックオフで働くことにご興味を持たれた方は、ぜひ下の募集要項もご覧ください。


ブックオフグループ SDGsへの取り組み

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 相模原市と連携!ブックオフが「空き家の無料相談会」を開催した理由