ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

採用&求人最新ニュース

ブックオフが募集中! 「腕時計修理技能士」ってどんな仕事?

幅広いリユース商品を扱うブックオフでは今回、買取・販売にとどまらないサービス拡充を目的に「腕時計新規部門」を立ち上げました。それにともない腕時計修理・研磨のスペシャリストである「腕時計修理技能士」を募集中です

本記事ではブックオフでの腕時計修理技能士の仕事内容と、求める人物像についてくわしく解説していきます。

腕時計修理技能士の仕事内容

腕時計修理技能士のブックオフでの仕事内容は、全国のブックオフ店舗で買い取りした腕時計の状態を確認したうえで、最良の状態で店舗に陳列ができるように「分解修理」と「研磨作業」を行うこと。

取り扱うのは幅広い価格帯の腕時計のなかでもとくに高級な腕時計です。

またスペシャリストの見地から店舗の相談や問い合わせに対しての回答や本部査定者へのアドバイスなど、買取販売を拡大していくための業務にも関わります。

そのために腕時計修理技能士は、まず店舗での買取・販売業務を体験する研修を受けます。体験を通してブックオフの文化や店舗における業務の流れ、店舗での実際の腕時計の扱い、修理・メンテナンスの対象となる商品について理解をします。

将来的には社内研修ツール作成への参画、技術研修の実施、トレーナーや修理責任者といった役割を担当。技術者として自身の技術向上に努めながら、同時に後進の技術者を育てていく、そんなやりがいのあるお仕事です。

求める人物像

ブックオフの腕時計技能士がつねに心がけているのは、買い取った腕時計を販売するだけでなく、お客様に安心して長きにわたり愛用いただくこと。

そのためにブックオフでは腕時計に関する幅広い知識に加え、販売後のことまでイメージしながら、どのような修理・研磨を行えば腕時計に最大の付加価値を加えられるか、お客様に喜んでいただけるかを、日々探求していく意欲的な腕時計技能士を求めています。

簡単な作業にも全力で取り組める方、難しい作業は知恵をしぼり周囲と協力しながら努力できる方に向いている仕事といえるでしょう。

さらに店舗メンバーや後輩技師、関係者様との信頼関係を醸成していくことのできるコミュニケーション能力がある方には、複合的な力を発揮できる役割をお任せします。他社とのネットワークが強い方も大歓迎です。

応募資格は時計技能士2級以上の資格をお持ちの方、または研磨作業の実務経験が3年以上ある方。とくに研磨の経験がある方を優遇しています。

資格と経験を持つ意欲的な腕時計修理技能士の方は、ぜひ求人情報をチェックしてみてください。

またブックオフでは腕絵時計修理技能士のほかにも店舗運営職、総合買取、IT職などさまざまな人財を募集中です。コミュニケーション力と行動力があり、自発的に成長していく意欲のある方、ブックオフで働きながら一緒にリユース業界を牽引していきませんか。

関連コンテンツ