ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

リユース業界トピックス

将来性が高いといわれるリユース業界 未来が見える4つのキーワード【後編】

リユース 本
リユース業界はコロナ禍のなかでも需要が安定しており、今後も将来性が高いといわれています。そんなリユース業界の成長を後押しする代表的な動向として、【前編】では「サーキュラーエコノミー」「リアルとWebの融合」を紹介しました。

【後編】では引き続き、「キャッシュレス」と「商材の多様化」という2つの動向についてお伝えしていきます。リユース業界に興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

キャッシュレス

キャッシュレス」とは、商品の売買を紙幣・硬化ではなく、電子マネー・クレジットカード・口座振替などを使って行う決済方法。現在さまざまな領域に浸透しつつあり、リユース業界にも大きな影響を与えている動向の一つです。

キャッシュレス決算は、店舗・ECサイトなどからリユース商品を購入する際に利用できるだけでなく、買取サービスの利便性向上にも寄与します。

これまでの買取サービスでは、混雑状況や商品の種類・量によって、査定に時間がかかってしまうケースがあり、お客様を店舗に拘束してしまうという課題がありました。

しかしキャッシュレスのシステムが導入されることで、査定終了後に商品の査定額を店舗からのメールで確認したあと、電子マネーやポイントでの受け取りが可能になります。これにより、商品を持ち込むだけで店舗に拘束されることなく不用品の売却が可能になります。

さらに宅配買取サービスであれば、店舗に足を運ぶことなく不用品を売却することも可能。コロナ禍のなかでの三密回避にも効果的なのです。

商材の多様化

商材の多様化」によるマーケットの拡大も、リユース業界の成長を後押しする要因のひとつです。

従来のリユース業界ではブランド品・貴金属・ジュエリーなど、「高級品」の取り扱いが主流でした。しかし現在はリユース品に対しての抵抗感がなくなってきているため、衣類・コスメ・書籍・ゲーム・ホビー・楽器・家具・ベビー用品・スマートフォン・機器類など、さまざまな商品が流通しています。

いまやリユース企業が不動産業界に進出するケースもあり、取り扱えない商品は存在しないといえるほどに多様化しているのです。

またこの動きに合わせて各リユース企業の個性も多様化しており、すべての商品を扱う総合型だけでなく、ひとつのカテゴリに特化した企業も少なくありません。さらには引っ越し・葬儀・終活・相続対策といったサービスと一緒に不用品の買取を行うなど、新たなビジネスモデルも生まれています。

以上、リユース業界の未来が見える代表的なキーワードを4つ紹介しました。

ブックオフでは【前編】で触れた公式アプリを軸とする「ひとつのブックオフ構想」をはじめ、リユース業界の未来を牽引するためのさまざまなビジネスモデルの構築を推進しています。

将来性の高いリユース業界で、循環型社会の形成をはじめ、多くの人々の暮らしを豊かにするための取り組みにチャレンジしたいという方は、ぜひブックオフの求人情報(下記の「募集要項」)をチェックしてみてください。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 将来性が高いといわれるリユース業界 未来が見える4つのキーワード【後編】