ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

初めての就職・転職なら必読! リユース業界研究2021【後編】

スーツ ジャケット

リユース業界への就職・転職を検討している人に向けて、リユース業界の全体像を解説する2回シリーズ。【前編】ではリユース業界の概要・ビジネスモデル・価格設定について紹介をしました。

【後編】では引き続き、リユース業界の直近の動向や将来性についてお伝えしていきます。ブックオフの取り組みについても解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

リユース業界の直近の動向・将来性

リユース商品は低価格で商品を入手できることから、最近では「賢い消費」として注目を浴びる機会が少なくありません。市場規模も10年以上連続で成長を続けており、2017年には2兆円を突破。現在もなお成長中の分野です。

とくにネット販売の領域が急増していることから、リユース企業によるオンラインサービスの展開や、フリマアプリの需要拡大が市場規模拡大の要因として挙げられるでしょう。これらのサービスは店舗に足を運ぶことなくリユース商品の売買ができるなど、ユーザーの利便性向上に寄与しています。

また終活・生前整理ブームの影響もあって中高齢層の中古品への抵抗感が薄れている点、SDGsの認知拡大が地球にやさしい循環型社会を形成しようという意識を高めている点も、リユース業界の成長を後押しする要因のひとつ。

さらに状態の良い日本のリユース商品は海外でも高く評価されており、今後の市場拡大を後押しするかもしれません。

これらの状況を踏まえて、リサイクル通信は2022年にはリユース業界の市場規模が3兆円に拡大すると予測しました。

さまざまな業界に影響を与えているコロナ禍の中でも三密を避けながら余暇を楽しみたいというニーズからゲーム・家具・家電・アウトドア用品などの売上が高まっています。安価に商品が手に入るという性質上、不況の影響を受けにくいということもあり、リユース業界が今後も成長を続けていく可能性は高いでしょう。

ブックオフの戦略と取り組み

業績回復期を脱したブックオフでは現在、10年先の収益拡大を見据えて積極的な店舗投資・IT投資を行っています。

例えば大型総合リユース店BOOKOFF SUPER BAZAARの出店をはじめとした「本だけじゃないブックオフ」。アパレル・スポーツ用品・ブランド品・家電・生活雑貨などの幅広い商材を扱い、総合化リユース化を推進する基本戦略です。

加えて中期事業計画の大きな柱のひとつとして掲げられている「個店を磨く」では、リニューアルを通して既存店舗それぞれの個性を打ち出しています。

またもうひとつの柱として「総力戦で取り組む」を掲げ、全国の店舗とオンラインサービスを連携する「ひとつのBOOKOFF」構想を推進中。「ブックオフオンライン」「電子買取」「キャッスレス決済」などお客様の利便性を追求したサービスにより、アプリ会員数は150万人を突破しました。

アプリからは感染対策に有効な宅配買取・出張買取も申込みができます。さらにコロナ禍の影響によるニーズの変化を踏まえ、不調のアパレルよりも、書籍・ゲーム・エンタメ・楽器・スポーツ用品といった商材に力を注ぐ方向へとシフトするなど、時代に合わせた柔軟なサービスを展開中です。

ブックオフではこれからも「多くの人に楽しく豊かな生活を提供する」というミッションのもと、新たなビジネスモデルの構築に取り組んでいきます。未来に向けてポジティブにチャレンジできる方、成長意欲が高い方はぜひ採用サイトをご覧ください。


ブックオフグループ SDGsへの取り組み

関連コンテンツ