ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

リユース業界トピックス

アフターコロナのリユース業界とブックオフの戦略 ①直近の業界動向とネットシフト



新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちを取り巻く世界は大きく変動しました。巣ごもり需要の拡大、新しい生活様式の提唱…今回は、アフターコロナ時代のリユース業界についてお伝えします。

緊急事態宣言下でのリユース業界の状況は?

コロナウイルスの感染拡大防止のために4月に出された緊急事態宣言は、不要不急の外出の自粛や在宅勤務の推奨、休業要請などこれまでのライフスタイルを大きく変えるものでした。総合リユース業大手は、休業要請に従い店舗をクローズした企業が多く、既存店売上高は軒並み大幅ダウン。しかし、緊急事態宣言解除後の6月は、各社とも前年同月を上回っており、回復基調です。店舗クローズ期間中は、大半の会社がネット販売に注力。外出できないお客様のニーズに応え、売上も好調でした。

販売が好調だったモノ

「Stay Home」が唱えられ、自宅で過ごす時間が大幅に増加。「巣ごもり需要」という言葉も生まれました。それに伴いリユース業界の売れ筋トレンドにも大きな変化が見られ、「自宅で楽しむ」「自宅で快適に過ごす」ために必要な商材がよく売れました。 「自宅で楽しむ」モノのひとつとして、書籍が挙げられます。「時間ができたので、以前から気になっていたコミックをオトナ買いした」という人もいるのではないでしょうか。

また、生活家電やAV家電の販売も好調でした。「料理に目覚めた!」「動画配信のドラマに夢中!」などと新しい趣味に目覚めた人たちがSNSで情報を拡散。「あったら便利かも」と思えるモノをリユースで購入した人が多かったようです。ちょっと意外なところでは、楽器の売上高も増加。「時間ができたからチャレンジしてみた」といったビギナーにとっては、始めるきっかけになったのかもしれません。

在宅勤務が推奨されたことから、テレワークに必要なPC・タブレットの電子機器、デスクや椅子などの家具も好調でした。ワークスペースの確保や自宅で快適に過ごすために模様替えをした方も多く、DIYに必要な工具も安定して販売されました。

販売が不調だったモノ

不要不急の外出自粛が呼びかけられ、ライブハウスや映画館・飲食店は軒並みクローズ。家族以外と会う機会が減ったからか、衣料品やブランド品の売上は大きく下がりました。給付金支給の影響で回復の兆しは見えるものの、先行き不透明と考える会社もあり、今後も状況の変化を注視する必要があります。

今後のリユース業界は?

コロナウイルスの感染が減る兆しは見えておらず、今後は、これまで以上にネット販売の占める割合が大きくなっていく可能性があります。ひとりひとりの行動半径が狭くなったというレポートもあり、地域特性を踏まえた店舗展開も必要となっていくでしょう。

ネット販売と地域に根付いた店舗による販売の両立、オンラインとリアルの融合といった視点が、これからのリユース業界には欠かせないのではないでしょうか。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • アフターコロナのリユース業界とブックオフの戦略 ①直近の業界動向とネットシフト