ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

リユース業界の最新トレンド&注目職種

緑 町 エコ

近年リユース業界は、循環型社会の実現やエコブームといった社会の動きに対応し、業績を伸ばしてきました。また、ネットオークションやフリマアプリの登場により、リユース品に対する考え方や業界内で求められる人材にも変化が見られます。今回は、業界の最新事情にフォーカスします。

成長拡大するリユース業界。その背景は?

2022年の市場規模は3兆円ともいわれるリユース業界。その背景には、ライフスタイルの変化や社会の動き、IT技術の進歩が挙げられます。

取扱商品の広がり

サブスクリプションやシェア文化の広がりにより、所有や新品にこだわらない人が増えてきました。「自分が不要になったモノを必要とする人に届けたい(できれば有料で)。」そういったニーズに応えるのが、リユース業界。以前から取り扱いの多かった本・CD、アパレルやブランド品に加え最近では、ベビー・子供用品や洗濯機・冷蔵庫といった家電製品、スポーツ用品などの取り扱いも増えています。

社会的課題解決の手段として

「リデュース」「リユース」「リサイクル」の3Rに代表される限りある資源を大切に環境への負荷を減らす循環型社会への実現や、持続可能な消費と生産のパターンを確保しSDGs(持続可能な開発目標)の1項目である「つくる責任と使う責任」を達成することは、これからの私たちの営みに大きくかかわってくる問題です。使えるものを使うことでモノの寿命を伸ばし、ごみを削減するリユース品の売買は、これらの社会的課題解決につながっているといえます。

オンラインとオフラインの融合

ネットオークションやフリマアプリは、リユース品売買のイメージだけではなく、いつでもどこでも取引ができる気軽なものへと変化させました。最近ではO2O(Online to Offline)戦略の一環として、店舗を持つリユース業界大手もオンラインでの取引に力を入れるようになっています。

これから注目の職種は?必要なスキルは?

成長を続けるリユース業界において、次のような職種に注目です。

バイヤー

リユース業で取り扱う商品は、お客様から買い取ったリユース品。取り扱う品物が幅広くなった今、それぞれの分野において専門知識を持つバイヤーの存在が欠かせないものとなっています。また使っていた人が大事にしてきたモノを取り扱うのが、リユース業のバイヤー。人の心に寄り添うことができるコミュニケーション能力も必要とされます。

ITエンジニア

店舗運営、O2Oの推進などITエンジニアが携わる業務は増加しており、システム開発やプログラミングの経験者が求められています。時代に合わせた新しいビジネスモデルの構築もできる発想力・設計力を持ち合わせていれば、より大きなフィールドで活躍できるでしょう。 時代のニーズに応え拡大を続けるリユース業界で働くことを考えてみませんか?あなたの経験やスキルを活かせる場がきっとあるはずです。

関連コンテンツ