ー お仕事図鑑

店舗運営職

ブックオフの直営店を運営する店長職。商品配置、販促企画、アルバイトスタッフの管理・育成、ファン作りなどによって、売上UPをめざします。

どんな仕事?

売上や顧客満足度の向上を実現する現場責任者

ブックオフでは、店舗経営をまかせられる人材を随時募集しています。店舗レイアウトや動線設計、商品の見せ方改善やキャンペーンなどの販促企画、アルバイトスタッフの導入、育成、シフト管理など、まかせられた店舗における「ヒト」「モノ」カネ」をすべて動かし、売上とファンの数を伸ばしていくのがミッションです。

接客・販売業務の経験がある人、リユース専門店でスキルを身につけた人ばかりでなく、「ブックオフで働きたい」「新しいことにチャレンジしたい」といった未経験者にもチャンスがあります。入社して半年は、育成担当の下で店舗の基本的な業務について学び、その後店長としてお店の運営全体をおまかせします。

店長として実績を積んだ後は、エリアマネージャー、インストラクター、本部スタッフなどさまざまなキャリア選択が可能です。店長はあくまでもスタートライン。ブックオフの未来を築くために、さまざまなアイデアを形にする志のある「人財」を募集しています。

  • 01必要な資格は?

    未経験からでもOK
    全国転勤が可能な人

    ブックオフの店長として活躍するうえで、専門的な資格・技術は必要ありません。全国にある800店を超える店舗のいずれかに配属となり、店舗運営に携わっていただきます。

  • 02こんな人向き

    本やファッションなどが好きな人
    チームプレー志向、ポジティブ思考

    ブックオフの主力商材である本、ファッションアイテム、スポーツ用品などが好きな人や、チームプレーを大事にして人と店舗を育てていこうとする人が向いています。

  • 03めざす将来像

    エリアマネージャーをはじめ、
    幅広いキャリアステップ

    店長として経験を重ねた後は、エリアマネージャーとして責任領域を広げていただくか、ブックオフが手掛けるさまざまな事業の推進役として活躍する道があります。

  • 04人事より

    成功に必須なのは、行動力と連携力

    「店長として結果を出しているのは、目標に向かって確実に動ける人と、社員やアルバイトスタッフの信頼を得られる人。店舗を創るのは、そこにいる全員の志ですから」

関連コンテンツ