ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

リユース業界トピックス

業態、サービス、マーケット最新状況etc. リユース業界の基礎知識【後篇】



リユース業界の基礎知識【前篇】では、リユース市場の現状とブックオフのサービスについてレポートしました。【後篇】は、リユース業界の業態からブックオフの取り組みについてご紹介します。

店舗強し!カテゴリーによって賢く使い分け

リユース商品の購入方法は、大きく分けて5種類に分類できます。リユースショップ、ネットオークション、ネット通販(ECサイト)、フリマアプリ、バザーやフリーマーケットがその5つ。

環境省の『平成27年リユース市場動向調査結果』によると、この中で最も利用されているのが「BOOKOFF」などのリユースショップです。「購入する商品を自分の目で確かめたい」というニーズがあるお客様が多いのではないでしょうか。

ネットオークション、ネット通販と続き、最近耳にすることが多いメルカリなどのフリマアプリは全体の1%程度とまだ低い状況です。フリマアプリはまだ広く浸透しているとはいえないようですね。

また同調査によると、不要な品物の売り先を品目によって変えている方が多いとのこと。例えば、書籍やソフト・メディア類、ブランド品を除くアパレル品はリユースショップに、ブランド品はネットオークション・フリマアプリで…とカテゴリーによって賢く使い分けられています。

1対1なら「高く売れるかも…」という心理や、自宅にいながら売買ができるという気軽さが、ブランド品買い取り手段としてネットオークションやフリマアプリを選ぶお客様が多い理由かもしれません。

ネットオークション・フリマアプリより優れモノ

でも考えてみてください。ネットオークションやフリマアプリは本当にブランド品買い取りの気軽な手段なのでしょうか?まず、買い取ってくれる相手が見つからない場合は売りたくても売れません。また相手が見つかり売れたとしても、入金の確認や梱包・発送といった作業は自分で行わなくてはなりません。

そんな不便さを解消するのが、ブックオフ公式ECサイト「ブックオフオンライン」で導入されている宅配買取サービス「宅本便」です。「宅本便」という名前ですが、本やソフトだけではなくPCやカメラ、ブランド品の買い取りも行っています。

手続きは簡単!ネットでのお申し込み後、お品物を梱包し集荷を待つのみ。送料・手数料はかかりません。一部限定ではありますがご自宅マンションの宅配ボックスを集荷に利用する「宅配ボックス買取サービス」も開始され、集荷を待つ必要も無くなりました。もちろん査定結果を確認してからお売りいただくことが可能です。「おまかせ承認コース」なら、査定からすぐにご指定口座へ査定額を入金致します。

「購入する商品は直接確かめたい」、「買い取りは自宅で気軽に」。お客様のご要望にブックオフは、全国に広がる店舗網とECサイト「ブックオフオンライン」でお応えします。リユース商品との「一期一会」を全てのお客様に最適な方法でお届けするため、ブックオフは挑戦し続けます。
  • HOME
  • スタッフブログ
  • 業態、サービス、マーケット最新状況etc. リユース業界の基礎知識【後篇】