ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

「ブックオフオンラインコラムのディープな世界」地球に優しい3R~リデュース・リユース・リサイクルの違い

リユース・リデュース・リサイクル
ブックオフは「リサイクルショップ」だ、と思っている方いらっしゃいませんか?実は!正しくは「リユースショップ」なのです。

リサイクルもリユースも一緒でしょ?いえいえ、違うんです。最近よく耳にする3R。リデュース、リユース、もうひとつの「R」であるリサイクルを加えた3Rについて解説しましょう。

ムダを無くして資源を大切にするための3R

3R…ってご存知でしたか?地球の資源をムダにせず、繰り返し使う社会(=循環型社会)をつくるための3つの取り組み「リデュース・リユース・リサイクル」の英語の頭文字3つを合わせて3Rと呼びます。

3Rはゴミを減らすための大事なキーワード。似ているようですが、それぞれ違う意味を持っています。

リデュース(Reduce)
そもそもは「減らす」という動詞。ごみそのものを減らす取組みです。(不要なものを買わない、買ったものを修理して長く使うなど。)

リユース(Reuse)
何回も使う、という意味です。(いらなくなったものを他の人に使ってもらう。中身を詰め替えて容器を再利用するなど。)

リサイクル(Recycle)
再循環がもともとの意味。不用品を一度資源に戻して新しいものを作る原料にすることです。(アルミ缶を溶かして別の製品にする。ペットボトルを繊維に変えるなど。)

ブックオフの「リユース」とは

もうおわかりですね?皆さんが使わなくなったものを買取り、次のユーザーに売る…ブックオフが行っているのは、品物をそのまま何度も使えるようにする「リユース」事業なのです。

リユースは、何らかの方法で品物を次のユーザーに引き渡すこと。
・自分の子どもが大きくなりサイズが合わなくなった服を、お友達のお子さんに譲る。
・使わない食器をフリーマーケットで販売する
・使わなくなったブランドバッグをオークションに出す

個人ではなかなか譲る先が見つからなかったり、引き取り手に受け渡すのも大変。誰しもが子供服のお古をもらってくれる友人がいるわけでもないし、フリーマーケットをやれるわけでもありません。

ブックオフのリユース事業は、誰でも気軽に使わなくなったものを売り、簡単に欲しいものを探すことが出来る姿を目指しています。

環境にやさしい生活をできることから少しずつ。そんなライフスタイルのお手伝いをしているのがブックオフです。「本を売るならブックオフ」で知られていますが、今では取り扱いアイテムはさまざま!洋服、食器、家電、ゲームソフト、スポーツ用品からブランド品まで幅広く扱っています。

3R」、他にもある環境にやさしい「R」のもっと詳しい話は、こちらのブックオフのコラムにも。是非読んでみてください。
ブックオフオンラインコラム3R

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 「ブックオフオンラインコラムのディープな世界」地球に優しい3R~リデュース・リユース・リサイクルの違い