ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

3社と業務提携!ブックオフが支援する「障がい者施設専門の BPO(アウトソーシング)事業」とは?【前編】

事業活動を通じての社会への貢献」「全従業員の物心両面の幸福の追求」を経営理念にかかげるブックオフ。2010年には障がい者雇用促進を担う特例子会社ビーアシスト株式会社を設立し、障がいをもつ方が、安心して働ける職場環境を作り雇用を促進してきました。

このたび障がい者施設専門の BPO(アウトソーシング)事業を展開する株式会社ミンナのシゴト、障がい者就労を支援しているノーティス株式会社特定非営利活動法人 ACT-Rの 3 社と業務提携。障がい者就労支援をさらに促進していくこととなりました。

今回と次回の2回にわたり、障がい者専門のBPOサービスをレポートします。

BPO(アウトソーシング)事業とは


BPOはBusiness Process Outsourcingの略。アウトソーシングの1種で、自社の業務等を専門業者に外部委託することを指します。外部業者が、委託された業務全体に関わっていくことが特徴です。

業務提携におけるそれぞれの役割


BPOの仕組みを使った、(株)ミンナのシゴト・ノーティス(株)・特定非営利活動法人ACT-Rとの3社連携。それぞれが次のような役割分担で、障がい者の就労を支援しています。

(株)ミンナのシゴト :マッチングシステム展開、店舗・事業所窓口
ノーティス(株):作業マニュアル作成・ブラッシュアップ
特定非営利活動法人 ACT-R :業務受託実践・フィードバック
ブックオフ:業務委託
ビーアシスト: 本業務提携におけるフォローアップ

フォローアップを担うビーアシストとは

ブックオフグループ内で障がい者雇用に取り組む特例子会社、ビーアシスト。2010年に設立され、同年「障害者雇用促進法」に基づく特例子会社として認定されました。

ビーアシストは障害者手帳を持ち働く「パートナースタッフ」と、彼らを支える所長・サポートスタッフから成る運営チームによって運営されています。

パートナースタッフは店舗での軽作業をはじめ、検品・加工、事務業務などを担当。すべてのパートナースタッフは期間の定めのない形で勤務しており、長期的な視点で働くことが可能です。

ビーアシストの特徴は、「健常者と同じ作業」「チームでの協業」「BOOKOFFの本業」の3つ。

パートナースタッフ自らが作業内容の組み立てや作業の進捗管理を行い、仲間と共に働ける居場所を持ち、健常者と同じように働き、社会に貢献していることを実感できる事業所をめざしています。

ビーアシストのあゆみ


2010年の設立当初は、法定雇用率の達成維持が重要課題でした。また採用を進めても任せられる業務が少なく、頭を悩ませる時もあったとか。

2020年現在では、法定雇用率2.2%を大きく上回る4.33%を実現。採用人数も27人から145人と大きく伸びました。2018年、2019年の離職数ゼロが、現場で働くパートナースタッフのやりがいや満足感を表していますね。

次回後編では、障がい者専門のBPOサービスの仕組みと実現の背景、請け負う仕事などについてレポートします。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 3社と業務提携!ブックオフが支援する「障がい者施設専門の BPO(アウトソーシング)事業」とは?【前編】