ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

地域に根差したお店作り! ブックオフが「ボードゲームカフェ」をオープンした理由

ボードゲーム
創業30周年を迎えるブックオフは、現在国内外に約800店舗を展開しています。
本やDVD、ゲームのリユースのほか、スポーツ用品、アパレル、宝飾品など幅広いジャンルを手掛けています。また、WEBでの販売にも力を入れ、「ブックオフオンライン」はその在庫数と品質のよさでユーザーに高く評価されています。

初めての「ボードゲームカフェ」をオープン!

そんなブックオフが、今秋「ボードゲームカフェ」をオープンしました。
10月2日に愛知県名古屋市の栄スカイル店、10月8日に同じく名古屋市の長久手グリーンロード店をオープン。「ボードゲームカフェ」とは世界中のボードゲームが遊べるカフェです。
卓上でボードやコマ、カードなどを使って遊ぶ「ボードゲーム」、日本ではオセロや人生ゲームが有名ですが世界には数限りないボードゲームがあります。

なぜブックオフが「ボードゲームカフェ」をオープンしたの?

最近では「ゲーム」といえば、パソコンかスマートフォンのゲームがまず思い浮かびます。はまっている人も多いことでしょう。
しかし「ボードゲーム」は人が集まって向かい合って行うことに楽しさがあります。友人や家族と一緒に楽しめるので、コミュニケーションツールとして最近人気が再燃しているのです。

ブックオフでは2017年より地域主権での店舗活性化を進めています。
地域ごとの立地や特性に見合った店舗づくりに力を入れ店舗ごとの商材の強化、魅力アップを図っているのです。
そんな中で、名古屋市の栄スカイル店と長久手グリーンロード店は、ファミリー層の利用が多く、「ボードゲームカフェ」のサービスが喜んでもらえると考えたのです。
1時間400円、7時間以上で2000円(ワンドリンクオーダー制)でさまざまなボードゲームを思う存分楽しむことができます。店内には、新品のボードゲームの販売や、中古のボードゲームの買取、販売も行ってますので、気に入ったゲームを購入することもできます。

店舗ごとに特性を追求!

こんな時代だからこそ、向かい合ってゲームをする楽しさ、相手の顔を見ながら手の内を探る心理戦する楽しさ、大切さを味わってほしい、そんな思いを込めたニューオープンです。
このように、ブックオフでは店舗ごとにその地域の特性、客層にあわせ、お客様によろこんでもらえるお店になるよう様々なチャレンジをしています。

1店1店違うその魅力づくりに、一緒に参加しませんか?あなたならどんなお店を作りますか? あなたのアイデアを店舗づくりに活かしたい!と思ったら採用サイトへGO!

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 地域に根差したお店作り! ブックオフが「ボードゲームカフェ」をオープンした理由