ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

ブックオフのお仕事

「モノ」を「キモチ」に変える。 ブックオフのクラウドファンディング「キモチと。」の 応援プログラム ④アジアの子どもたちに本を



働く会社を選ぶ条件はさまざまです。給与や仕事内容、勤務体系などの労働条件ももちろん大切ですが、働く会社は自分のアイデンティティの一部でもあります。自らと所属する企業が社会の中でどんな貢献をしているか、どんな考え方で世界全体のことを考えているかも重要です。

ブックオフの理念のなかに、「事業活動を通じての社会への貢献」という言葉があります。社会貢献活動「キモチと。」は、自ら掲げた理念を体現しようとする取り組みのひとつです。
このブログで、「首里城再建の支援」「台風19号の被災地への支援」「白血病の患者さんを支援」といった3つのプログラムについて紹介してきました。
今回は、「アジアの子供たちに本を届ける活動への支援」というプロジェクトについてレポートします。

「キモチと。」とは?

ブックオフが取り組んでいるクラウドファンディング「キモチと。」は、誰でも簡単に気軽に社会貢献ができる仕組みです。
今までは、読み終わった本や不要になったモノをブックオフに「売り」にいっていた方が、お金を「キモチ」に変えて応援したい団体に届けることができる仕組みです。

インターネットで申し込んで、希望の集荷日に段ボールに詰めた不要品を集荷ドライバーに渡すだけ。配送料はかかりません。ブックオフが品物を査定して、その金額をお客様が応援したい!と選んだ団体に送ります。

まだ本を知らないアジアの子どもたちに本を届けたい

「キモチと。」の支援には様々なものがありますが、今回ご紹介するのは、アジアの子どもたちに本を届ける「シャンティ国際ボランティア会」を支援するプログラムです。

「シャンティ国際ボランティア会」は、すべての子どもたちに教育の機会を届けるため、その地域の文化などを大切にしながら、図書館や学校を建ててその運営をしたり、絵本を出版して子どもたちに贈る活動をしています。
これまでに、1300万人以上に本を読む機会を届けてきました。

アジアには紛争や貧困が原因で人身売買や児童労働の危険にさらされている子どもたちがいます。学校や図書館は勉強の場であると同時に、そういった子どもたちを守り安心して過ごせる場でもあります。一冊の本が、子どもたちに生きる希望を与えるのです。

わたしたちにできること

1000円で、本を6冊購入することができます。(ネパール) 3000円で、紙芝居を1部購入することができます。(アフガニスタン) 10000円で、小学校の二人掛け用の机と椅子を2組購入することができます。(カンボジア)

世界に助けを求めている子どもたちがいることは知っていたけれど、自分に何ができるかわからなかった、という方は、ぜひ気軽に「キモチと。」で思いを届けてください。そしてブックオフのこんな活動に興味を抱き、「仕事を通じて、社会貢献のあり方を追求したい!」と思ったあなたは、採用サイトをチェックしてみてください。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 「モノ」を「キモチ」に変える。 ブックオフのクラウドファンディング「キモチと。」の 応援プログラム ④アジアの子どもたちに本を