ブックオフ採用公式ブログ

中途入社に関する採用の最新情報、人事担当者や現場で活躍するメンバーからのメッセージなど、採用・求人にまつわるさまざまな情報をお届けします。

採用&求人最新ニュース

ブックオフキャリア採用サイトへようこそ! ①「社長メッセージ」で社風をチェック

ブックオフ外観 ブックオフってどんな会社なの?どんな雰囲気なの?働きやすいの? 就職を考えるときには条件やデータも大切ですが、社風が自分に合っているかどうかはとっても大切ですよね。今回は、採用サイトの「社長メッセージ」から、ブックオフの社風について紹介いたします。

社長がそもそも転職組です!

ブックオフの今の代表取締役社長である堀内は、2006年3月に入社しました。それ以前はコンサルティングの企業に勤めていました。コンサルティングの仕事で、ブックオフを担当。ブックオフの、「会社を成長させたい」という夢と熱意に共感して、入社を決意したそうです。 コンサルティングの仕事はいわば、会社を冷静に俯瞰で見て経営を改善するプロフェッショナル。さまざまな企業を見てきた専門家が「入社したい」と思ったとわけですから、人生を変えるような特別な出会いだったのでしょう。 2006年にブックオフに入社し、店舗運営を経験。2008年から執行役員管理副本部長として活躍し、2017年4月に代表取締役社長に就任しました。 入社直後、店舗運営を任されたときにはなかなかうまくいかず、思ったように成果を出せなかったそうです。「当時の上司は『失敗しても良いから経験から何かをつかんでほしい』と思ってくれていたようです。」と当時を振り返ります。「人を育てるために必要な失敗なら受け入れよう」という考えがブックオフにはあったからなのでしょう。

「がむしゃらにやる」。行動しなければ成果は出ない

「がむしゃら」という言葉は、今の日本には時代遅れに感じるかもしれません。しかし、これは精神論ではなく、「成果を支えているのは行動力であるということです」と堀内社長は語ります。技術の進化とともにすべてが複雑化し、正解が見えにくくなってしまった現代だからこそ、「行動する」「がむしゃらにやる」という基本に立ち返るべきだと社員に語るそうです。 とはいえ、ひとりで頑張ってもなかなか成果が出ないことも。ブックオフは、頑張っている人には手を差し伸べ、連携する会社です。チャレンジによって個人が成長し、連携とコミュニケーションによって大きな成果を上げる。これこそが、ブックオフが大事にしている仕事に対する考え方です。

「多くの人に楽しく豊かな生活を提供すること 」業界No1はその通過点

2020年に創業30周年を迎えるブックオフ。目指すのは「多くの人に楽しく豊かな生活を提供すること」。業界No1 は、それ自体は目的ではなく、目標を実現させるための通過点です。 「やりたいことをしっかり持って、失敗を恐れずに行動する、お客様の声を受け止めて、自らがステップアップする、そんなスタッフと共に、ブックオフを成長させていきたいと思っています。」と語る堀内社長でした。

関連コンテンツ

  • HOME
  • スタッフブログ
  • ブックオフキャリア採用サイトへようこそ! ①「社長メッセージ」で社風をチェック